BARをもっと楽しむために

バーは敷居が高い、そんな風に感じている方も多いようです。
でもバーにはさまざまな種類があり多くの方がお酒やドリンクを楽しむという基本がわかれば、どなたでもバーの居心地のよい空間を楽しむことができます。
もともとバーは西部劇に出てくるようなカウンター越しにお酒を提供する、あのスタイルが始まりとされています。
だからこそバーの基本はカウンターです。カウンターの下にある足置きの横木、鳥が留まるようなこれをバーと呼んだのがいわゆる始まりです。

バーには種類があり、カジュアルでそれほどカクテルの値段が高くなく適度に賑やかな店と、ホテルに入っているようなジャケット・ネクタイ着用の高級店があります。
あらかじめ行こうとしているお店がどのくらいなのかということを知ってそのドレスコードに合わせたスタイルで出かけることをおすすめします。
気になる予算ですが、心配な方はあらかじめお店に電話してチャージ料やカクテル・ウィスキー、一杯あたりどのくらいの値段か聞いておけば料金の目安になります。
電話をかけることは意外にお店の雰囲気やバーテンダーの印象などがわかってどのような店かの判断材料になりますので、初めて行かれる方にはオススメです。

騒ぎすぎない、酔いすぎない、他のお客様に迷惑をかけないというのはバーだけでなく様々なお店での最低限のマナーですが、バーでは他にも気をつけたいことがあります。
それは乾杯のマナーです。 乾杯というとグラスとグラスをカチンと元気よく合わせる印象があるのですが、これはバーではマナー違反です。
バーで使っているクリスタルのグラスは透明度が高く薄くて繊細です。
グラス同士ぶつけ合うと欠けたりヒビが入ったりしてしまうこともありますので、注意が必要です。 バーでの乾杯のマナーはグラスを胸のあたりまで持ち上げて相手の目を見て合図するのがスマートです。
バーの楽しみは美味しいお酒をいただくことですが、それ以上にバーテンダーとの会話が楽しみで出かけてしまうという方も少なくありません。

接客のプロであるバーテンダーは聞き上手で気配り上手です。
お客さんが気持ちよくお酒を楽しめるように絶妙な接客をしてくれます。
初めての客には常連のように、常連には初めての客のように、これがバーテンダーの接客を表す有名な言葉です。
優秀なバーテンダーはお客がバーに入ってくるとその来店動機を見抜き、それに合わせて接客を変えて心地よく過ごせるように対応してくれるといいます。
美味しいお酒と、バーテンダーとの心地よい会話、大人ならではのバーでの楽しみ、あなたも体験してみませんか?

また、バーの楽しみと言えば、バーテンさんとのトークですが、バーテンさんと仲良くなることで、他のお客さんを紹介してくれることがあります。
出会いを求めに行くものではないので、絶対的にそういうことがあるか?と言えばそうではありませんが、バーテンさんの器量で、合う・合わないを判断し、場合によっては男女間でも話が弾むことがあります。
バーも仕事でやっている物なので、その出会いがもっとバーに通わせるようになるかもしれませんし、基本バーテンは少人数なので対応するお客さんの数には限りがあります。 そこを別のお客さん通しで仲良くしてもらうことで、時間稼ぎにもなるわけです。
上記でも申しましたが、絶対的に紹介があるか?と言えばそうではないので、出会いを求めたいと考える方には不向きかもしれません。
そんな方には、占いがおススメです。
占いと言うと、占い師との話し合いとイメージされがちですが、最近では女の子同士の女子会でみんなで占ってもらえる館も多く、 若い女の子を中心に占い活動のようなものが形成されつつあります。
当ると人気の東京の占い館でも女子会占いがあり、現状では一番お客さんが集まっているようです。
出会いを求めるのであれば、婚活ではありませんが、そう言った供給してくれる場を探してはいかがでしょうか?